仮想COMポートドライバー

このソフトは、対応する無線機をパソコンのソフトウェアからコントロールするために必要な仮想COMポートドライバーです。

仮想COMポートドライバーをパソコンにインストールすることにより、対応する無線機とパソコンとをUSBケーブルで接続して、CAT通信、TX制御(PTT、KEY、FSK)、 および、ファームウェアのアップデートを行う事ができます。
2つの仮想COMポートを搭載しておりますので、CAT通信および各種TX制御を行うことが可能です。

なお、このインストールプログラムは、シリコン・ラボラトリーズ社より提供されています。 このドライバーをダウンロードする前に、インストールマニュアルを最後までお読みいただき、必要な機器や動作環境、インストールの手順などをご確認ください。
インストールマニュアルと下記の内容に同意いただいた上でダウンロードおよび、インストールを行なってください。

【ご注意】
仮想COMポートドライバーのインストールが完了するまでは、無線機とパソコンとを USBケーブルで接続しないで下さい。インストールを行わないで無線機とパソコンとを 接続した場合、誤ったドライバーがインストールされて正しく動作しなくなる恐れがあります。

▼動作環境

対応OS Microsoft® Windows® 10
Microsoft® Windows® 8.1
Microsoft® Windows® 8
Microsoft® Windows® 7

▼必要機器

ポート USBポート(USB1.1/USB2.0)
ケーブル USBケーブル(ABタイプ) 市販のケーブルをご用意ください。

※使用上のご注意
この ソフトウェアおよびマニュアルの著作権を含む全ての権利は、八重洲無線またはそれを提供する各メーカーに帰属します。このソフトウェアおよびマニュアルの一部または全部を無断で複製または譲渡することは禁じられています。八重洲無線は、八重洲無線の登録商標です。また、記載されている会社名は、各社の商標または登録商標です。

【警告】
このプログラムは、著作権法および国際条約によって保護されています。このソフトウェアおよびマニュアルの一部または全部を無断で複製または譲渡することは禁じられています。

インストールマニュアル
仮想COMポートドライバー

※Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 に対応した以前のバージョン の仮想COMポートドライバー (v6.7) はシリコン・ラボラトリーズ社のWebサイトから、ダウンロードすることができます。(シリコン・ラボラトリーズ社のWebサイトリンク先URLは2016年3月現在のものです。)